• トップ
  • ブログ記事
  • お腹痩せ?お腹を割りたい?じゃあまずは基本の「クランチ」から理解しましょうか

現在ブログ引っ越し中!!

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【現在ブログ引っ越し中!!】

現在、前ブログから過去の記事をリライト(書き直し)して今ご覧頂いている当サイトに引っ越し中でございます。前ブログには過去4年に渡って発信していた体作りの内容が掲載されていますので、もっとご覧になりたい方はこちらもご覧ください!


前ブログはコチラ→kinari ONLINE STUDIO(HP)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


さて、1日1本を目標に現在過去の記事をリライトして発信をしております!今回でブログ引っ越し後9本目の記事、前ブログで書いた記事の中から


お腹痩せ?お腹を割りたい?じゃあまずは基本の「クランチ」から理解しましょうか


というテーマをリライトして更新していきます。早速行きましょう!

お腹痩せ?お腹を割りたい?じゃあまずは基本の「クランチ」から理解しましょうか

腹筋の構造、分かってますか??

というわけで、目標にしている1日1本の記事更新は恐れながら全く出来ていないのですが、今回も頑張って更新していきましょう!


今回の焦点は「腹筋」でございます。


腹筋の中でも、今回は「腹直筋」という筋肉になります。


え、今回はクランチの説明じゃないの?


と思われた方、いらっしゃるかと思いますが、結局のところクランチでもスクワットもデッドリフトもカーフレイズもヒップスラストも、筋トレの種類は何でもいいんですけど、これらっていうのは全部


あくまで鍛え方の一つでしかない


わけで、筋肉の仕組みはほぼ解剖学で解明されているわけです。ですので、腹筋のある程度の仕組みさえ分かれば、別に腹筋を鍛える種目が何であっても別に問題ないわけです。


なので、逆に言えば、腹筋(今回はその中でも腹直筋)の仕組みが分からなければ、Youtubeとか雑誌とかテレビとか、メディアの垂れ流す


浅くて薄い知識に踊らされる


わけです。「こうすれば腹筋に効かせられる」じゃなくて、大事なのは、「どうしてこの動きが腹筋に効くのか」が分かるということです。ちょっと面倒な話ですが、僕のスタジオはこういうことが分かるからお客様にとってメリットが大きいジムなので、悪しからず。


というわけで、まずは腹筋の構造から知っていきましょう!

腹筋は大きく3つに分けて考える

というわけで、腹筋(群)の構造の話ですが、腹筋は大きく4つの筋肉の固まりとして考えましょう。画像はちょっとごちゃごちゃ書いてあるのでちょっと分かりにくいですが、下記の該当の筋肉だけ見てイメージしてみて下さい。


沖縄 那覇 パーソナルトレーニングジム お腹痩せ


①腹直筋(ふくちょくきん)

まずは腹筋群の中でも一番メジャーなやつですね。いわゆる「シックスパック」と呼ばれるところです。腹直筋といいます。


②腹斜筋(外腹斜筋・内腹斜筋)

こちらはいわゆるお腹の横部分にあたる筋肉ですね。いわゆる「くびれ」を作りたければこの部分を鍛えるか、何かしらのアプローチをする必要があります。


ちなみに、腹斜筋は筋肉の走行方向が違う二つの筋肉


・外腹斜筋(がいふくしゃきん)

・内腹斜筋(ないふくしゃきん)



という二つの筋肉の総称です。


③腹横筋(ふくおうきん)


で、最後にこちらです。いわゆるお腹の「インナーマッスル」と呼ばれる部分ですね。こちらは筋トレというか、呼吸でしか鍛えれない筋肉ですが、お腹痩せには重要な筋肉であります。


という筋肉たちが、皆さんの通常仰っている「腹筋」と呼ばれる筋肉であります。まずはご理解頂いたでしょうか。

まずは「腹直筋」を理解しましょう

で、今回ご紹介するのは、上記の中でも最もメジャーな部分である


腹直筋(ふくちょくきん)


でありますが、まずは形を見てみましょう↓


沖縄 那覇 パーソナルトレーニングジム 腹直筋


はい、画像で見てもいまいちピンとこないかもしれませんが、自分で触ってみると、この腹直筋が思ったよりも「長い筋肉」であることがお分かり頂けるのではないかと思います。


~~腹直筋の位置を触って感じてみよう~~


①まず、片方の手で肋骨のちょうど中心を触ってみましょう。その部分を触ってみると、ちょっと押すと何か触れる部分があるのを感じられる人もいるかと思いますがそこを「剣状突起(けんじょうとっき)」といいます。


②もう一つ、いわゆる恥骨(ちこつ)のもう片方の手で触ってください。恥骨というのは表現を恐れずに言えばもうほぼ股間です。おへそから下に行くと骨を触れられるかと思いますが、上記①と含めてもう一度ご覧ください↓


沖縄 那覇 パーソナルトレーニングジム 腹直筋


はい、剣状突起と恥骨、どちらも確認して頂けたでしょうか。この二つを繋いでいるのが、腹直筋(ふくちょくきん)であります。


どうですか??結構長くないですか??まずはこれを理解して下さい。


「腹直筋は、結構長い」


これを感じたら次に進みましょう。

腹直筋は2つに分けて考える

で、まずは上記で腹直筋の形をご理解頂いた上で、問題は何かというと


こんなに長い筋肉をいわゆる腹筋運動をしただけで、上から下まで鍛えられるのかっていう話です。


結論から言うと、


「鍛えられるけど、腹直筋はおへそを中心に上部と下部で分けて考えた方が効率がいい」


ということです。これはとても大事なので是非覚えておきましょう。はい、こちら↓


沖縄 那覇 パーソナルトレーニングジム 腹直筋 構造


ですので、腹直筋は


いわゆるシックスパック部分を作りたい→腹直筋上部

いわゆる下っ腹部分を鍛えたい→腹直筋下部



という考え方で実際のトレーニングに臨んで欲しいわけです。

実際に「クランチ」をやってみましょう!

クランチで意識して欲しいのはたった一つだけ

さて、ここまでで腹直筋の構造はご理解頂いたかと思うのですが、実際に鍛えてみましょうということで、今回は


「クランチ」


のやり方を説明していきましょう。で、実は今回のクランチで覚えて欲しいポイントはたった一つだけ、であります。それが、


「体を丸める」


ということです。腹直筋の機能(腹直筋が働いたときの体の動き方)は


■腰椎の屈曲


であります。ですので、如何に腰椎を思い切り屈曲させて、腹直筋を収縮させるかがポイントになるわけですが、ちょっとやってみてください。


~~クランチをやってみる~~


①まず、仰向けになって膝を立てる

②上体を持ち上げるときに、首を曲げて目線をおへそに持って行く

③股関節中心に起き上がるのではなく、背骨の一個一個が地面から離れていくイメージで、上体を丸めながら限界まで起き上がる



というこういうステップです。文字だけですが、そんなに意識するポイントが多いわけではないので、是非一度やってみて下さい。いいですか、ポイントは


「目線はおへそ。上体を丸めながら起き上がる」


ことです。決して股関節から起き上がるのではないんですね。これを読んだら一回でいいので是非やってみて欲しいのですが、ほとんどの方は恐らく


起き上がれない


という事態に見舞われることになるかと思います。でも、それでOKです。限界まで起き上がれるところまで起き上がって、また上記の①まで戻る。ということを繰り返して欲しいのです。


何度も言うようですが、読んだ気にならないで一回でいいからやってみてください。
 

下っ腹を鍛えたいなら、また別のやり方で

実際にやってみるとお分かりになるかと思いますが、強く効いている部分はお腹の上部分だけだと思います。


だからですね、腹筋をキチンと上から下まで、つまり、下っ腹を解消したいのであれば


それはそれで別のトレーニングが必要


ということです。種目としてはレッグレイズとかが代表種目になるわけですが、これはこれでポイントがありますので、またこれはこれでご紹介をしていきたいと思います。


というわけで、本日はここまで!ではでは。


studio kinari ミナミ